ムスベルは不動産契約を次のステージへ。

従来かけていた時間と手間は不要です。
scroll

ABOUTムスベルについて

  • 楽に、早く、確実に。
    ムスベルは
    すべてを叶えます。

    今まで当然のこととして手をわずらわせてきたタスクは、必要のないものに。
    簡単で円滑な契約と情報管理を可能にします。

  • 送付漏れがなくなる。記入漏れがなくなる。人的コストの削減。契約書保管スペースの削減。進捗状況の管理。契約後の顧客管理。
  • これまでの契約業務が
    より安全に、
    よりスマートに。

    必要書類の自動選別・生成や電子サインなど、従来の常識では考えられなかったようなサービスを体験できます。
    手間と時間のかかる工程を電子化することで、不動産契約を格段にスマートにします。

    不動産売買契約で電子化が可能な書類一覧参考

    ※契約電子化の取り扱い方は各社で異なりますので、必ず貴社の顧問弁護士・法務へのご確認をお願い致します。

  • 必要書類の自動選別

    必要書類の自動選別・自動生成

    重要事項説明会や契約会などにおける必要書類の準備をお客様ごとの資金契約書等を基に自動選別。書類は必要情報が入力された形で自動生成。

    契約ステータス管理

    契約情報ステータス管理

    お客さまへの書類の送信状況や、契約状況をオンラインで一元管理。業務の透明性を向上、抜け・漏れを防止。

    承認ワークフロー機能<

    承認ワークフロー機能

    書類送信前の上長申請、承認等の社内ワークフロー機能。

    API連携/電子サイン

    API連携/電子サイン

    API連携で弁護士監修の電子サインサービス“クラウドサイン”が利用可能。

    クラウドサイン

    安心のセキュリティ

    安心のセキュリティ

    改ざんが不可能な電子サインや、不正アクセスを防止するメールアドレスの2段階認証、契約書ファイルのパスコード認証を採用。

    クラウドサインのセキュリティ

  • 契約はここまで
    効率的に。
    たしかな安心をも
    手にできる。

    工程を可能な限りデジタル化し、かかる手間と時間を徹底的に削減します。
    作業と情報管理の効率化は、記入漏れや送付漏れといったミスを防ぐことにもつながります。
    また、弁護士監修の「クラウドサイン」とAPI連携しているので、お客さまと安全安心に電子契約が行えます。

    電子契約サービス「クラウドサイン」について(外部サイト)

    CLOUD SIGN
  • フロー図

HOW TO USEムスベルの使用方法

スタート
  • step1

    契約の準備

    ムスベルが資金計画書等を基にローン種別などの顧客情報を検知し、書類を自動選別・生成します。自動的にセットアップされた書類を確認し、必要であれば情報を編集します。

  • STEP1
  • step2

    書類送信の承認依頼・書類送信

    自動生成された書類に問題がなければ、承認ワークフロー機能を利用し、承認者へ書類送信の承認を依頼します。無事に承認されれば、お客さまへ書類を送信します。

  • STEP2
  • step3

    お客さまによる電子サイン

    2段階認証により事前登録しているお客さまのメールアドレスへクラウドサイン経由で書類を送信。
    お客さまは書類開封に必要なパスコードを入力の上、書類を確認。
    お客さまが契約内容に同意した場合、改ざん不可能な処理を施した電子サインをします。

  • STEP3
  • step4

    契約状況の確認

    お客さまへの書類送付状況、契約状況はAPI連携しているクラウドサインから常時フィードバックされ、オンライン上で一元管理します。
    契約状況を一覧で表示し、お客さまの契約同意に間違いがないか改めて確認します。

  • STEP4
完了

FAQよくある質問

PAGE TOP